経営ナビ

中小企業の経営の羅針盤を目指すWEBメディア

作者別: 吉田 和矢 Kazuya Yoshida

戦略と役割

【VOL117】中小企業の経営に必要な4つの役割を徹底解剖

今回は、経営において大切な4つの役割についてご紹介致します。 赤字の会社、伸び悩んでいる会社では、必ずと言って良いほど、この4つのどれかが足りておりません。 もし頑張っているのに成果があがっていないという現状の方がいらっしゃればお読みください。 頑張っているかいないかではなく、足りていない役割があるのかもしれません。
PDCAサイクル

【VOL116】BSCを参考にしたKPI設置による経営改善の事例

BSC(バランススコアカード)やKPI、そしてその前提となる経営計画書(経営方針書)について書いてきましたが、今回はその導入事例についてご紹介します。 ※説明を簡略化するために細かい部分を簡略化しています。また便宜上、実際の導入事例とは業種も変えています。
戦略

【VOL115】BSCや人事評価制度の導入前に絶対に必要な経営計画書(経営方針書)

財務以外の数字を経営に活かすためのバランススコアカード(BSC)の導入・運用のためにも、社員・スタッフ教育のための人事評価制度の導入のためにも事業の明確な方針が必要となります。 バランススコアカード(BSC)の考え方では、ミッション・ビジョン・ストラテジー(戦略)となりますし、言葉の定義は曖昧ですが、ミッション・ビジョン・理念・戦略・戦術などとも言われます。 それを明確に文章化したものを経営計画書や経営方針書などと呼びます。 今回はバランススコアカードや人事評価制度を導入する前に絶対に明確にしておくべき、ミッション・ビジョン・理念、そして戦略・戦術についてお話させていただきます。
定規

【VOL114】中小企業向け人事評価制度の具体的な作り方

前回の内容で中小企業にも社員教育のために人事評価制度が必要ですというお話を書かせていただきました。 今回は、その内容をご理解いただいた上で、具体的に何をどうやって作ったら良いのかについてご説明させていただきます。 なぜ中小企業に人事評価制度が必要か、事業全体のミッション・ビジョン・理念・戦略・戦術が具体化されていない場合には、まず前回と前々回の内容をお読みください。
評価制度のサイクル

【VOL113】中小企業の人材教育に人事評価制度が必要な理由

経営者の大きな悩みの1つにヒトの問題があります。 「もっと頑張ってくれたら良いのに」と思っている方もいると思いますし、「社員は頑張ってくれているのだけど・・・」という人もいると思います。 人事評価制度は、社員が頑張れる仕組みであり、全社の価値観を一致させ、同じ方向に向かって働ける仕組みです。 評価制度というと堅苦しく感じがしますが、全くそんなことはありません。
バランス

【VOL112】バランススコアカードとは、財務以外の数字も業績評価に取り入れる方法

前回少しだけご紹介しましたが、バランススコアカード(=BSC)という考え方について今回はご紹介します。 財務数字だけではなぜ経営の役に立たないのか?については前回説明しましたが、スピードの欠如と収支という結果しか表さないことに触れました。 もちろん財務が要らないということではなく、財務を活かすためにも、他の数字と組み合わせることが重要です。 その考え方の1つとして有名なのがこのバランススコアカードという考え方で、 「①財務の視点、②お客様の視点、③業務プロセス・効率の視点、④人材の視点」 という4つの視点をすべて数値化しようというものです。 今回はその概要をお伝え致します。
保険営業

もう損はしない!中小企業の生命保険の活用法と3つの目的を抑えて保険の有効活用!

中小企業にとって生命保険の活用はとても重要です。 しかし、保険料にのみ着目して保険に加入している経営者の方も多いのが現実です。 実は、生命保険はその活用法と目的を理解し上手に活用すれば、事業リスクの回避はもちろん、コスト削減や節税などを組み合わせて事業成長の一役を担うことになります。 当サイトの記事が、生命保険の正しい知識と上手な活用法の参考になれば幸いです。 今回の記事では、生命保険の活用法と3つの目的についてご説明します。
経営者がみるべき数字

【VOL111】経営者は会計の数字だけをみていれば良いのか?経営者がみるべき数字とは?

会計を毎月みている方ならご存知だと思いますが、損益計算書も貸借対照表も、そしてキャッシュフロー計算書もすべてが過去の数字を追いかけているだけです。 更には、増えたお客様の数や、事業を続けることで得た信頼など、客観的な数値化が難しいものは損益計算書にはもちろん、貸借対照表の資産にすら現れてきません。 こんな欠陥のある会計ですから、会計を経営に活かそうとも思うこともできず、税理士や経理任せにしている経営者の方が多いのではないでしょうか? しかし、会計はそれだけで経営全般に活かすのは難しくても、会社経営の客観的な結果の1つであり、他の数字と組み合わせることで、とても経営に役立つ数字となってきます。 今回は、会計がそれだけでは十分な力を発揮できない理由と経営へ十二分へ活かすために必要な方法について書いてみました。
計画

【VOL110】経営計画や事業計画は中小企業経営に必要なのか?

時代の流れがはやくなった昨今では、計画を立ててもムダという意見も多くなってきています。 時代の流れ云々とは別に、経営という観点に立てば、計画を立てるか立てないかは、経営がうまくいくかの大きな要素ではありません。 しかし、計画を立てたほうが良い理由が3つあります。 更には、経営を改善するために計画以上に必要なことが1つだけありますのでご紹介します。
金融機関

【VOL109】中小企業が金融機関と上手に付き合う為にお勧めの書籍5選

無借金経営の善し悪しはともかく、企業のほとんどが金融機関からの借入があります。 事業拡大のための借入、一時的な資金繰りのための借入、赤字補填のための借入などなど、目的は様々ですが、なんらかの形で金融機関との付き合いがある企業がほとんどです。 今回は金融機関と上手に付き合うためにお勧めの本をご紹介します。