【VOL110】経営計画や事業計画は中小企業経営に必要なのか?

読了時間目安:約 11分21秒

時代の流れがはやくなった昨今では、計画を立ててもムダという意見も多くなってきています。
時代の流れ云々とは別に、経営という観点に立てば、計画を立てるか立てないかは、経営がうまくいくかの大きな要素ではありません。
しかし、計画を立てたほうが良い理由が3つあります。
更には、経営を改善するために計画以上に必要なことが1つだけありますのでご紹介します。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で配信している内容です。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『経営計画や事業計画は中小企業経営に必要なのか?』です。(編集前のメルマガは2016年6月8日(水)に配信されています)

経営計画、事業計画が必要な3つの理由

計画を立ててもムダという意見も最近は良く聞きます。
昔のように、どうせ立てても計画通りにいかないからムダというようなネガティブな意見ではなく、時代の流れがはやいので計画に縛られず臨機応変に経営をしていったほうが良いというポジティブな意見が増えてきています。

それでも、経営計画又は事業計画を立てることを以下の3つの理由から強くお勧めします。

金融機関向け

融資を受けるためには決算書はもちろん経営計画、事業計画が必要になるケースが多くあります。

※決算書のどこが重要かかについてはこちら。

金融機関(銀行)の融資審査の最大のポイント、信用格付けを徹底解剖

金融機関・銀行・資金調達に関する記事はこちら

毎回、毎回借入をするのに絶対に必要ではありませんが、融資を受けるのに計画があることは確実に有利に働きます。
計画×毎月の計画対実績の金融機関への報告は最強の組み合わせです。

金融機関の身になって考えれば当然ですが、時代の流れがはやいから計画も立てずに行き当たりばったり経営をしますと公言している会社には貸しづらいものです。(不動産などの担保があれば担保分は借りられるでしょうが。。)

また、金融機関にリスケをお願いするケースでは、経営改善計画書という形で計画は必須となります。

社員向け

会社がどこを目指して経営しているのかわからなければ社員は不安になります。
また、何を頑張れば良いのか、頑張った先に何があるのかがわかりません。

お給料の話だけではなく、安心して働ける会社なのか、どう会社は社会に貢献しようとしているのか、その中で自分はどういう自己成長ができるのかなど、社員が会社に求める要素を盛り込んだ経営計画書があると、社員の働くモチベーションになります。

金融機関の時と同じですが、行き当たりばったりでどうなるかわからない会社より、目標を立て、例え達成してなくともその目標がどの程度達成できているのか、あとどのくらい頑張れば良いのかがわかることは大切です。

社員の安心と希望のためにも経営計画書または事業計画書というのは、社員がいる会社では作ることをお勧めします。

絶対に必要な条件ではありませんが、計画を作り毎月キチンと確認をすることを会社の業務フローに入れると驚くべき成果が発揮されます。
(但し作っただけで運用されていないものはないものと同じです。)

経営者の予測の測定

計画は何の為に立てるのか?
それは経営者の予測と現実がどれだけ違うのかを測定するためです。

時代の流れがはやくなろうがならまいが、その時代を生きる以上その流れのはやさについていき予測する力は経営者には必須です。

例えば、自動車整備業は電気自動車の整備も取り入れていかなければ時代から取り残されますし、タクシー業は自動運転になった時の対策を考えておかなければ、そのときになって時代の流れがはやかったからと言っても後の祭りです。

その兆候は常にどこかにあります。
それを読み取り予測する力こそ優れた経営者かそうでないかの分かれ道です。

その能力を磨くためにも、計画(=予測)を立て、計画と実績をチェックすることを繰り返し、時代の流れを読む力を磨く必要があります。
何度も繰り返し、ズレた原因を追求することで確実にこの予測能力はあがっていきます。

業績の良い会社の経営者ほど、この計画と実績の差が少ない傾向がありますが、計画を立てはじめた当初は的外れな計画をしていて、徐々に精度があがってきた経営者がほとんどです。

そもそも時代の流れがはやいというのは中小企業にとって本当でしょうか?

また、いつの時代でも前の時代に比べれば時代の流れがはやいと感じるのではないでしょうか?

江戸から明治や戦前〜戦中そして戦後の時代では時代の流れがはやいどころではなく、一気に変わったものも多かったでしょう。
その当時に比べたら今は楽な時代です。

ある経営者は、「明日がどんな日になるかは予測できないが5年後の自社の未来は予測できる」とおっしゃっています。

ぜひ計画を立てることで予測能力を磨いていくことをお勧めします。

経営を良くするために計画より先に必要な2つのこと

そうは言っても計画は立てないより立てたほうが良いというモノで、絶対条件ではありません。
計画を立てなくても業績の良い会社はたくさんありますし、会社は潰れません。

計画よりも先に必要なのは目先の売上です。
目先の売上をあげるのに必要で、かつ、中小企業に欠けがちな2つのことについて書いていきます。

ビジネスモデル

まずはビジネスモデルです。
ビジネスモデルが崩壊していたらいくら頑張っても会社は存続できないか、ずっと苦しいままです。

例えば、集客するのに100万円かけても売上が1万円しかあがらないようなビジネスモデルの仕事をしていては厳しいのは当たり前です。

儲かる仕組みが出来ているか、これが非常に大事です。

何を誰にどうやって提供し、どのくらいの利益がでるのか?

これを徹底的に追求することこそが、非常に大事なことです。

計画はいつでも修正できますが、ビジネスモデルを変えるのは相当な苦労が必要です。

可能であれば、①初期投資が少なく、②粗利益率が高く、③毎月定額で売上が上がり、かつ、④在庫がない商売、もしくはそのうち②粗利益率が高く、③毎月定額で売上が上がり、を満たすことができれば経営は安定します。

少なくとも2つ以上、1つも満たさないような事業はかなり難易度が高いビジネスモデルです。

ビジネスモデルの作り方は起業7STEPでご紹介しています。
メルマガ登録に登録していただいた方に無料でプレゼントさせていただいていますので、ご興味あるかたはぜひ。

起業7ステップを無料プレゼント中!(2016年6月30日を持って打ち切りとなりました)

※大変申し訳ございませんが2016年6月30日を持ちまして、起業7ステップの無料プレゼントは終了しました。(2016年7月2日追記)

マーケティング

そしてその次に必要なのがマーケティングです。

もちろん寝てても売上があがるようなビジネスモデルを持てるのであればマーケティングは不要です。

またどこか特定の会社の下請けになっている中小企業にとってもマーケティングは不要です。(少数の会社に依存することの危険性は非常に高いのでお勧めはしませんが…)

【VOL92】得意先別の売上構成比は◯%以下が安全です。

マーケティングとは、集客活動〜成約、そしてその後のフォローまでのすべてのことを指しています。

以下に他社と自社の商品を差別化し、興味を引くような言葉で伝え、お客様が感じる自社の商品の必要性を高め、プレゼンし、クロージングし、成約する、そしてその後のフォローをしリピートしてもらいファンになっていただくという一連の行動がマーケティングです。

このフローを上手に構築できると売上の心配がなくなります。

特に新規にお客様になっていただくための費用は、リビートのお客様に1人になってもらう費用の7倍と言われています。

だからといって新規のお客様よりリピートのお客様に注力するという判断は間違いですが、リピートしやすい仕掛けを作っておくことは非常に大切です。(新規のお客様が増えない事業は潰れます)

良い商品やサービスがあれば売れる時代ではありません。
いかにその魅力や強みを伝えていくか、それがマーケてイングです。

マーケティングが出来ていないのに計画だけを綿密に立てても経営はうまくいきません。

計画

編集後記

儲かっていない中小企業、成長していない中小企業であればあるほど、ビジネスモデルもない、マーケティングがわからない、計画は立てないのないない3拍子の会社の比率が多くなります。

もしこの3つが曖昧な会社があれば、ぜひ考えてみてください。
なぜお客様はその商品をうちの会社から買わなければいけないのか?を。

明確に説明できなければ、マーケティングができていません。

中小企業で一番曖昧になりがち、というか何もなされていないのが、このマーケティング戦略です。

集客に効果のあるSNSは何ですか?などという質問をしたことがある方は、マーケティングについて勉強してみてください。
ツールはあくまで補助的なもの、大事なのはフローと仕組みであることがわかると思います。

マーケティングの基礎を学ぶのにお勧めです。
550円で手に入れられるのに、事例が盛りだくさんです。

スクリーンショット 2016-02-22 23.57.24


最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

※免責事項

◯わかりやすくするために厳密な法律用語とは若干違うところがあります。

◯内容に関しては万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねますので、自己責任での運用をお願い致します。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL109】中小企業が金融機関と上手に付き合う為にお勧めの書籍5選
【VOL150】経理コストを削減して、財務に強い会社を作る方法
【VOL124】マーケティングより大切なビジネスモデルの作り方
【VOL115】BSCや人事評価制度の導入前に絶対に必要な経営計画書(経営方針書)
【VOL27】消費税等の納税額を簡単に予測する方法(メルマガ版財務講座)
【VOL94】ひっかりやすい会計の罠!?減価償却期間と借入期間の関係性
【VOL66】企業の経営状態がわかる4つの見るべき財務上の数字
【VOL25】せっかく作った会計書類を経営に活かすためには?(メルマガ版財務講座)
【VOL19】長期事業計画を立てる時に重要である利益の考え方(メルマガ版財務講座)
【VOL54】安定企業を目指すために抑えておきたい貸借対照表の数字とは?
【VOL47】目標貸借対照表の作り方
【VOL111】経営者は会計の数字だけをみていれば良いのか?経営者がみるべき数字とは?
【VOL103】借入金の返済が経費にならない理由
【VOL29】試算表を早く作れない理由は意外と簡単に解決できます(メルマガ版財務講座)
【VOL130】資金繰り改善の方法:テクニック編Part1〜科目別

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP