【VOL46】未来の貸借対照表をつくってみよう!

読了時間目安:約 5分11秒

昨今良く言われるBS経営ですが、貸借対照表の理解が必要です。
事業計画を立てる際には、利益計画しか立てないケースが多いですが、本当にBS経営を目指すのであれば目標貸借対照表も作るべきです。そのヒントになれば幸いです。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『未来の貸借対照表をつくってみよう!』です。(編集前のメルマガは2015年3月18日(水)に配信されています)

駆け抜けるビジネスマン

例題はいつも通りです

今回もまた同じ例題を使ってみます。

売上が月150万円、仕入が月100万円の会社で、売上の入金サイトが2ヶ月、仕入の支払サイトが1ヶ月、買ってから売れるまで在庫になるのが1ヶ月分とします。

そうすると、年間の売上高が1,800万円、仕入高が1,200万円、利益が600万円となります。

損益計算書

損益計算書にすると

売上高1,800万円
仕入高1,200万円
利益  600万円

となりますね。

貸借対照表

では、貸借対照表にするとどうでしょうか?資本金(元手)を300万円の会社だと過程しましょう。

(資産の部)
現金預金 600万円
売掛金  300万円(2ヶ月分の売上が未入金)
商品   100万円(1ヶ月分の仕入が在庫)
◆資産合計 1,000万円

(負債の部)
買掛金  100万円(1ヶ月分の仕入100万円が未払)
◆負債合計 100万円

(資本の部)
資本金  300万円
利益   600万円(損益計算書の利益より)
◆資本合計 900万円
◆負債・資本合計 1,000万円

資産の合計と負債資本の合計が一致するので貸借対照表と呼ばれているのですね。

なぜ貸借対照表がこうなるかがわかると、良く言われる貸借対照表が読めるということになります。少しずつお伝えしていこうと思います。

翌年の貸借対照表を予想しましょう

さてこの取引が2年目は2倍になるとすると

損益計算書

売上高 3,600万円
仕入高 2,400万円
利益  1,200万円

となります。

貸借対照表は

(資産の部)
現金預金  1,500万円
売掛金    600万円(2ヶ月分の売上が未入金)
商品     200万円(1ヶ月分の仕入が在庫)
◆資産合計 2,300万円

(負債の部)
買掛金    200万円(1ヶ月分の仕入100万円が未払)
◆負債合計  200万円

(資本の部)
資本金    300万円
前年利益   600万円(損益計算書の利益より)
今年利益  1,200万円
◆資本合計 2,100万円
◆負債・資本合計 2,300万円

となり、現金預金は600万円から1,500万円になり、資金繰りはうまくいく結果となります。

貸借対照表のシミュレーションの仕方

これが未来の貸借対照表をシミュレーションする時の基本的な考え方となります。
今ある損益計算書と貸借対照表から、月商売上1,800万÷12=150万円と算出し、貸借対照表の売掛金300万円÷月商150万円=2ヶ月と計算できますね。

その上で翌年の売上目標が2倍なら月商も2倍になるはずなので、月商300万円×2ヶ月=600万円の売掛金になるというのが予測できます。

同じように買掛金や在庫もシミュレーションできます。

次回は更に詳しく計算の仕方をお伝えしていきます。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

※免責事項
◯わかりやすくするために厳密な法律用語とは若干違うところがあります。

◯内容に関しては万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねますので、自己責任での運用をお願い致します。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL61】お金に色をつけるのがキャッシュフロー計算書の役割?!
【VOL77】財務指標から考える利益を出すための改善方法
【VOL80】戦略MQ会計で儲かる経営の地図を手に入れよう!
【VOL50】貸借対照表で見るべき大事な数字:自己資本比率とは?
【VOL11】最低でも稼がなければいけない利益はいくらですか?(メルマガ版財務講座)
【VOL25】せっかく作った会計書類を経営に活かすためには?(メルマガ版財務講座)
【VOL124】マーケティングより大切なビジネスモデルの作り方
【VOL5】損益分岐点という考え方を理解して事業計画を自在に作れるようになりましょう(メルマガ版財務講座)
【VOL117】中小企業の経営に必要な4つの役割を徹底解剖
【VOL8】値決めは経営なり(メルマガ版財務講座)
【VOL28】試算表は経営者の成績表です。早く見て対策を練ることに価値があります(メルマガ版財務講座)
【VOL54】安定企業を目指すために抑えておきたい貸借対照表の数字とは?
【VOL69】上場企業の財務分析:くら寿司の業績
【VOL56】企業で重要な3つの財務の数字
【VOL131】資金繰り改善の方法:テクニック編Part2〜支払順序

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP