【VOL51】貸借対照表は会社の歴史であり未来像である:BS経営の入り口

読了時間目安:約 5分49秒

損益計算書は1期(多くは1年)が終わるとゼロから再スタートです。
一方、貸借対照表は毎期の業績を永久的に引き継いでいきます。つまり貸借対照表は会社の歴史を詰め込んだものであり、どういう貸借対照表を作るかを決めることは会社の未来像の一部を決めることです。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『貸借対照表は会社の歴史であり未来像である:BS経営の入り口』です。(編集前のメルマガは2015年4月22日(水)に配信されています)

未来への光

貸借対照表と損益計算書の定義

一般的に、

貸借対照表は、
「一定時点における 企業の財政状態を明らかにするために作成される計算書」

損益計算書は、
「一定期間における経営成績を明らかにするために作成される計算書」

などと定義されています。

損益計算書は短期視点、貸借対照表は長期視点

通常、会計期間は1年間の会社が多いので、1年毎に決算をすると思いますが、決算が終わると、損益計算書の数字(例えば売上高や仕入、給料など)は翌年にはゼロから再スタートします。

一方、貸借対照表の数字(現金預金や売掛金など)は、翌年になっても前年の残高が繰り越します。



つまり、誤解を恐れずに大雑把な表現をすると、損益計算書は短期の業績を、貸借対照表は長期の業績を表すといえます。

貸借対照表こそ会社の歴史であり未来像です

例えば金融機関に融資をお願いする時でも、提出する決算書は2年(期)分〜3年(期)分程度です。

それ以前の業績がどうなっているのかは、貸借対照表から読み取ることになるわけですね。(そこまで数字を読める銀行員や金融機関の人間がどのくらいいるかは疑問がありますが…)



もう少し突っ込んでお話すると、損益計算書は1年の集大成ですので、1年頑張れば前年以前がどんなに悪くても、良い損益計算書にすることはできます。

しかし、貸借対照表は過去からの積み重ねですので、1年頑張っても簡単に良い数字に変えることはできません。



ですので、金融機関も審査の基準として、債務超過(負債が資産よりも多い状態)かどうかや借入金依存度など貸借対照表の数字を重視してみるのです。



つまり、貸借対照表は過去からの積み重ねた会社の歴史であり、未来の貸借対照表は会社の未来像なのです。

貸借対照表と損益計算書の関係性

もちろん貸借対照表の数字のうち、資本の部(返済不要のお金)の一部は損益計算書の最終損益の積み重ねで出来ておりますので、貸借対照表と損益計算書は密接な関係があります。

前回ご説明した自己資本比率のうち分子(資本)の部分(計算式=資本÷総資産)は、この損益計算書の最終利益の積み重ねと資本金などの出資でしか改善しません。
(前回の内容はこちら→【VOL50】貸借対照表で見るべき大事な数字:自己資本比率とは?

つまり、損益計算書の利益というのが大事なのはいうまでもないことです。
しかし、ただ利益だけをあげていれば良い貸借対照表ができるかというと、良い貸借対照表を作る為にはそれ以外のことも重要になってきます。

利益を出す以外の貸借対照表の改善方法

一例ですが、自己資本比率を例にすれば、分子(資本)を増やせば率は高くなり良くなりますが、一方同じ分子(資本)の額でも、分母(総資産)を圧縮できれば、自己資本比率は高くなります。

売掛金を早く回収する、工場や機械などへの投資額を極力抑えるなどです。

売掛金がいつまでも回収できない会社と売掛金が早く回収できる会社とどっちが安定した会社かは言うまでもありません。

また、工場や機械に3,000万投資して、自己資本額(過去の利益の積み重ね)が500万の会社と、工場や機械に1,500万投資して、自己資本額を500万稼げる会社とどちらが優良企業かは言うまでもないかと思います。

過去の利益の積み重ねは1年でどうにかするのは非常に難しいですし、過去の工場や機械に投資した金額を今年1年は少なくしようということはできません。

ですので、貸借対照表を改善するには、長期的な視点が必要となります。

今までの歴史を受け、どういう未来を作っていくかが、貸借対照表には現れてきます。



次回は、良い貸借対照表とはどういうものか、具体的に見られる数字を元にご紹介させて頂きます。


最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL46】未来の貸借対照表をつくってみよう!
【VOL79】利益感度分析で経営改善に最も効果的な一手を探そう
【VOL74】利益計画の作り方と稼がなければいけない利益
【VOL52】一目でわかる!簡単な貸借対照表のポイントは資金の流動性です。
【VOL70】上場企業の財務分析:幸楽苑の業績
【VOL86】利益が増えれば財務体質は良くなるのか?
【VOL6】損益分岐点売上高の計算方法を覚え、自在に事業計画を立てましょう!(メルマガ版財務講座)
【VOL103】借入金の返済が経費にならない理由
【VOL39】事業に必要な運転資金を「月商何ヶ月分」という危険な考え方をしていませんか?
【VOL135】マーケティングに役立つ心理効果〜印象編5選〜
【VOL22】財務に弱い経営者がひっかかるよくある落とし穴(メルマガ版財務講座)
【VOL133】資金繰り改善の方法:テクニック編Part4〜リースバック
【VOL8】値決めは経営なり(メルマガ版財務講座)
【VOL30】自社ルールを作ることが、毎月の試算表を早く作るための秘訣です(メルマガ版財務講座)
【VOL95】事業の成果を知るための財務分析に必要な代表的な財務指標と用語の意味

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP