【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 3分49秒

経営の方がまず真っ先に見るべき数字について解説いています。

これだけみれば良いということではなく、最低でもこれだけは毎月見ましょうという内容ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

今回は「起業したら真っ先にみるべき会計3つの数字」です。(編集前のメルマガは2014年05月07日(水)に配信されています)

3つの数字とはどこか

では、いきなり答えから申し上げます。

それは、

税引き後損益、役員報酬、減価償却費です。

プレゼンする女性

なぜ税引き後損益、役員報酬、減価償却費は重要か

税引き後損益

まず、事業をするためには利益を出さなければいけません。

つまり、税金を払った後に黒字か赤字かを見なければいけませんね。
その数字が税引き後損益です。この税引き後損益が黒字か赤字かしっかりと見て下さい。

減価償却費

これは説明すると長くなりますが、「お金の出て行かない経費」とまずは覚えて下さい。
つまり税引き後損益がマイナスでも減価償却費分はお金が出ていっていない訳です。
税引き後損益に減価償却費を足してマイナスになっていないかを確認してみて下さい。

役員報酬

そして最後は役員報酬です。
多くの中小企業の場合は役員報酬は経営者とその親族というケースが多いかと思います。(もし親族以外が役員だったら、その人の分は差し引いて考えましょう)
つまり、経営者の手元にお金を残すのか、会社に残すのかの違いはありますが、自分たちの給料は自分たちで決められるので、増減をさせやすい経費です。

最後は税引き後損益と減価償却費と役員報酬を足してみよう!

この3つを足して、最低限の役員の生活費を引いてマイナスになるようであれば、御社の事業は非常にまずいことになっています。

なぜか。それは役員報酬をたっぷりとって赤字なら、役員報酬を減らせば黒字になりますし、減価償却費が多くて赤字なら、減価償却費はお金が出ていかない経費ですから、会計上赤字でも手元にお金があることになります。

しかし、全部足してもマイナスということは?

つまり本当に赤字ということです。

現実に金融機関もこの税引き後利益+減価償却費+役員報酬の数字をしっかりとみています。
税引き後損益が前年と比較して増えていても、役員報酬を減らして黒字にしていないか、減価償却費が大幅に減っただけなのではないか等のチェックをしているということです。

金融機関の話は余談でしたが、まずはその3つの数字を見て自社の状況を把握してみて下さい。そしてその数字を前年と比較して増えているか減っているかを確認してみましょう!

もちろん皆様お気づきだと思いますが、「まず」見るべきポイントであり、この3つだけみれば良いということではありませんからねー。

それでは次回を楽しみにして頂けたら幸いです。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida

経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。
また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。
なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。
詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL51】貸借対照表は会社の歴史であり未来像である:BS経営の入り口
【VOL37】数字で見る経営効率の良い経営状態とは?(メルマガ版財務講座)
【VOL25】せっかく作った会計書類を経営に活かすためには?(メルマガ版財務講座)
【VOL155】無知だと危険!フリーランスが気をつけるべきこと
【VOL138】マーケティングに役立つ心理効果〜感情編4選〜
【VOL63】投資活動と財務活動によるキャッシュフローで損益とお金の増減は大きく変わる
【VOL146】ポーターの競争戦略に学ぶ中小企業の差別化:参入障壁編
【VOL110】経営計画や事業計画は中小企業経営に必要なのか?
【VOL45】在庫がない機会損失リスクと在庫がある資金繰りリスク
【VOL16】キャッシュフロー経営とは資金繰り中心の経営です。過剰な節税は危険です。(メルマガ版財務講座)
【VOL46】未来の貸借対照表をつくってみよう!
【VOL12】最低限必要な利益とは、黒字倒産しないための利益額のことです、一緒に計算してみましょう(メルマガ版財務講座)
【VOL99】財務体質を強くするための「支払手形を減らす具体的な3つの方法」
【VOL114】中小企業向け人事評価制度の具体的な作り方
【VOL70】上場企業の財務分析:幸楽苑の業績

コメントを残す






スポンサードリンク