【VOL39】事業に必要な運転資金を「月商何ヶ月分」という危険な考え方をしていませんか?

読了時間目安:約 3分39秒

運転資金を月商から考えるのが一般的ですが、実は目安にはなりますが、非常に危険な考え方です。
ではどう考えたら良いのか。
必要運転資金の考え方をまとめてみました。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『事業に必要な運転資金を「月商何ヶ月分」という危険な考え方をしていませんか?』です。(編集前のメルマガは2015年1月28日(水)に配信されています)

安全運転中

覚えていますか?運転資金の考え方

皆様、覚えていらっしゃるでしょうか?

実はほぼ同じ内容を以前のメルマガで解説させて頂きました。

月商◯ヵ月分の運転資金が…という考え方は危険だというお話をしたのですが、覚えているでしょうか?

詳細はこちらにありますので、忘れてしまった方はぜひ読んでみて下さい。
【VOL21】最低必要手元資金とは?長期事業計画の立て方:数値編-資金

運転資金の2つの考え方

実は運転資金には2つの考え方があります。

1つが一般的に月商の◯ヶ月分とか、固定費の◯ヶ月分と言われる、余裕運転資金の考え方です。

これは、簡単に言うとリーマンショックや天変地異などの天災人災問わず、何か大きな出来事があって売上が大幅に落ちた時に、何ヶ月事業を存続できるかという考え方を基にしています。

私は月商や固定費で考えるのではなく、経費にならない支出である借入金の返済などを含めた月の支払額で考えるべきだと思っているのは、前述のリンク先でも述べた通りですが、考え方としては、月の支払額の◯ヶ月分というのは結局のところ、入金がなくなっても何ヶ月の間、事業を存続できるのかという考え方です。

月商や固定費を基準にした考え方は余裕資金という考え方です

つまり、月商や固定費を基礎に考えるのがなぜ危険かは前述したとおりですが、◯ヶ月分というのは、所詮目安であり、天災人災問わず、自社の業績に大きな影響を与える何かが起こった時に何ヶ月で事業を立ち直らせることができるか?という見込みが◯ヶ月分の◯に入ってくるべきだということです。

もう一つの運転資金の考え方とは?

その一方で運転資金の考え方には、

運転資金=受取手形+売掛金+在庫ー支払手形ー買掛金

という考え方もあります。

次回はこのもう一方の運転資金の考え方について解説していきます。


最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida

経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。
また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。
なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。
詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL118】会計で考える「値引き」と「おまけ」
【VOL8】値決めは経営なり(メルマガ版財務講座)
【VOL98】財務体質を強くしたければ支払手形をなくすことから始めましょう!
【VOL130】資金繰り改善の方法:テクニック編Part1〜科目別
【VOL78】事業の明るい未来を作るための財務数値の5つを使った経営改善方法
【VOL111】経営者は会計の数字だけをみていれば良いのか?経営者がみるべき数字とは?
【VOL58】キャッシュフロー計算書でわかる、絶対に知っておきたい儲かっているのに資金がなくなる3つの理由!
【VOL9】その値引きちょっと待ってください。これだけは覚えておきたい、値引きのルール(メルマガ版財務講座)
【VOL136】マーケティングに役立つ心理効果〜特別感4選〜
【VOL37】数字で見る経営効率の良い経営状態とは?(メルマガ版財務講座)
【VOL21】最低必要手元資金とは?長期事業計画の立て方:数値編-資金(メルマガ版財務講座)
【VOL147】ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)こそ中小企業の活路?!
【VOL71】上場企業の財務分析:日高屋の業績
【VOL101】事業(企業)はなぜ成長し続けなければいけないのか?
【VOL70】上場企業の財務分析:幸楽苑の業績

コメントを残す






スポンサードリンク