【VOL10】価格の考え方1つで変わるビジネスモデル(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 4分34秒

昔の携帯電話会社が携帯を普及させた時の価格戦略の事例を紹介しています。

「値決めは経営」と言われる一例を書かせて頂きました。

値決め、価格をいくらにするのが適正なのか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

価格をどうするかで経営は大きく変わりますので、少しでも参考になれば幸いです。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「価格の考え方1つで変わるビジネスモデル」です。(編集前のメルマガは2014年07月09日(水)に配信されています)

携帯電話

商品サービス2つの種類

商品・サービスには、1回買って頂いたらおしまいの単発の商品・サービスと、何度も買って頂ける繰り返しの商品・サービスの2つがあります。

ご存知の方にとっては当たり前のお話かもしれませんが、事業としては繰り返し買って頂ける商品・サービスが多いほうが、事業は安定します。

今回は詳しくお話しませんが、飲食店や理美容室で「新規のお客様に来て頂くためにかけたコスト」と「お客様に再来店して頂くためにかけたコスト」では、圧倒的に後者のほうが、コストパフォーマンスが良く、少額のコストで多くの人に来店して頂けるというデータがあります。

また、士業のように顧問料形式で毎月の売上が決まっている商売のほうが、毎月の収入が読めて安定するのはイメージできるかと思います。

昔の携帯電話会社の価格に秘められた戦略

携帯電話会社も携帯電話が市場に普及するまで、また自分たちの会社がシェアをとれるまで、本体価格を無料とか1円とかの低価格に値引きして、通信料という繰り返しの商品・サービスで利益を出すという戦略をとっていたのは、ご存知だと思います。

毎月かかる固定費(お給料や地代家賃)を毎月繰り返し買って頂ける商品・サービスの利益で賄えたら、経営がどれだけ安定するかは、説明をするまでもないところです。

自社に毎月繰り返し買って頂ける商品・サービスがない場合には、まずこれを作ること、難しければ、毎月でなくともリピートして定期的に購入して頂く商品・サービスを考えることです。

家電量販店の価格戦略

ある中小零細の家電販売店は、家電の販売では大手の安い値段に勝てませんでしたが、アフターサービスやメンテナンスで、繰り返し買って頂く商品・サービスを作り、1部の地域に特化して素晴らしい事業展開をしています。
(この地域に特化してというところも、ミソなのですが、それはまた後々ご説明します)

だからこそ値決めは経営である

定期的に購入して頂く商品・サービスがあるのであれば、そこにつながる単発の商品であれば、値下げをして売るのもありということになります。

試供品や試食、無料体験、無料分析などのほとんどはこの方法というわけです。導入商品・サービスと呼ぶこともできますね。

自社に置き換えた時に、この導入商品・サービスは何なのか?繰り返し買って頂く商品・サービスは何なのか?をしっかり考えてみると良いと思います。

そして、その後、その導入商品・サービスの総量、そして繰り返し買って頂く商品・サービスにつながるパーセンテージなどを調べながら数字を使って改善していくことが大切です。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida

経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。
また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。
なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。
詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL151】中小企業経営者の退職金制度!小規模企業共済のメリットとは?
【VOL64】会計を経営に活かせ!決算書は税務署のために作るものではありません。
【VOL123】マーケティングを最大限に活かすための消費者心理の基礎と代表例5つ
【VOL124】マーケティングより大切なビジネスモデルの作り方
【VOL132】資金繰り改善の方法:テクニック編Part3〜ファクタリング
【VOL63】投資活動と財務活動によるキャッシュフローで損益とお金の増減は大きく変わる
【VOL25】せっかく作った会計書類を経営に活かすためには?(メルマガ版財務講座)
【VOL52】一目でわかる!簡単な貸借対照表のポイントは資金の流動性です。
【VOL99】財務体質を強くするための「支払手形を減らす具体的な3つの方法」
【VOL54】安定企業を目指すために抑えておきたい貸借対照表の数字とは?
【VOL109】中小企業が金融機関と上手に付き合う為にお勧めの書籍5選
【VOL125】貸借対照表のどこを見たら良いのか?経営に役立つ5つのポイント
【VOL118】会計で考える「値引き」と「おまけ」
【VOL76】長期の利益計画から考える資金繰りと金融機関との付き合い方
【VOL12】最低限必要な利益とは、黒字倒産しないための利益額のことです、一緒に計算してみましょう(メルマガ版財務講座)

コメントを残す






スポンサードリンク