【VOL47】目標貸借対照表の作り方

読了時間目安:約 5分38秒

貸借対照表が読めるようになり、目標貸借対照表を作れるようになると、経営の考え方が変わります。
まずは利益計画を作ったら、未来の貸借対照表をシミュレーションできるようになりましょう。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『目標貸借対照表の作り方』です。(編集前のメルマガは2015年3月25日(水)に配信されています)

ブラックベリー

今回も例題で考えてみましょう

今回もまた同じ例題を使ってみます。

売上が月150万円、仕入が月100万円の会社で、売上の入金サイトが2ヶ月、仕入の支払サイトが1ヶ月、買ってから売れるまで在庫になるのが1ヶ月分とします。

そうすると、年間の売上高が1,800万円、仕入高が1,200万円、利益が600万円となります。

損益計算書にすると

売上高1,800万円
仕入高1,200万円
利益  600万円

となりますね。

では、貸借対照表にするとどうでしょうか?資本金(元手)を300万円の会社だと過程しましょう。

ここまでは前回と同じです。

この情報だけで貸借対照表を作ってみると?

現金預金…現状では、計算不能です
売掛金…月売上150万円×2ヶ月=300万円
商品…月仕入100万円×1ヶ月=100万円

買掛金…月仕入100万円×1ヶ月=100万円

資本金…300万円
利益…損益計算書より600万円

となります。

貸借対照表は資産=負債+資本である

ちょっと専門用語が入りますが、貸借対照表は貸と借が対照、つまりイコールになるので、貸借対照表と言います。

借とは借り方=資産、と、貸とは貸し方=負債と資本のことです。

つまり、

現金預金(?)+売掛金(300万円)+商品(100万円)=買掛金(100万円)+資本金(300万円)+利益(600万円)

となるわけです。

結果として、現金預金は600万円になりますね。

貸借対照表にすると以下の通りになります。

貸借対照表にすると

(資産の部)
現金預金 600万円(差し引きにて計算)
売掛金  300万円(2ヶ月分の売上が未入金)
商品   100万円(1ヶ月分の仕入が在庫)
◆資産合計 1,000万円

(負債の部)
買掛金  100万円(1ヶ月分の仕入100万円が未払)
◆負債合計 100万円

(資本の部)
資本金  300万円
利益   600万円(損益計算書の利益より)
◆資本合計 900万円
◆負債・資本合計 1,000万円

目標貸借対照表と利益計画の関係

この計算の仕組みがわかると、来年の利益計画を立てると自然と来年の目標貸借対照表も作れることとなります。

まずは、利益計画から目標貸借対照表を作れるようになりましょう。

その次にステップは目標貸借対照を作り、それを達成するための利益計画をつくれるようになることです。

貸借対照表とは?

ところで、貸借対照表の資産とは何なのでしょうか?

1つの考え方としては将来現金になるものと考えることができます。

売掛金300万円のうち、150万円は翌月入金になるわけですし、商品は翌月には売れることで売上となり、2ヶ月後には入金されます。

一方、負債は将来出金するものです。

買掛金の100万円は来月には支払になるわけです。

貸借対照表を見る目的は?

しかし、よく考えて見て下さい。

売掛金300万円がいつ入金になるのか、買掛金の150万円がいつ出金になるのか、入出金のサイトを知らないとわかりません。

それを理解するためであれば、貸借対照表より資金繰り表のほうが良いのではないでしょうか?

それでは貸借対照表は何を見る為に存在するのでしょうか?

次回は貸借対照表の見方について説明致します。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

※免責事項
◯わかりやすくするために厳密な法律用語とは若干違うところがあります。

◯内容に関しては万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねますので、自己責任での運用をお願い致します。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL137】マーケティングに役立つ心理効果〜表現方法5選〜
【VOL56】企業で重要な3つの財務の数字
【VOL52】一目でわかる!簡単な貸借対照表のポイントは資金の流動性です。
【VOL102】パレートの法則とABC分析による売上の細分化
【VOL17】経営者に最低限必要な財務戦略の知識(メルマガ版財務講座)
【VOL79】利益感度分析で経営改善に最も効果的な一手を探そう
【VOL125】貸借対照表のどこを見たら良いのか?経営に役立つ5つのポイント
【VOL42】金融機関(銀行)が考える貸し出し可能運転資金の考え方
【VOL26】消費税の納税額を簡単に知る方法(メルマガ版財務講座)
【VOL76】長期の利益計画から考える資金繰りと金融機関との付き合い方
【VOL126】貸借対照表の罠!「資産」と「死産」を見極め健全な経営を。
【VOL53】企業の安定度をみるための貸借対照表の数字
【VOL116】BSCを参考にしたKPI設置による経営改善の事例
【VOL85】資金会計理論で未来の事業の財務体質をシミュレーションする!
【VOL44】在庫は危険?在庫が資金繰りに与える影響をわかっていますか?

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP