【VOL32】数字に強い経営者は目標達成を「率」ではなく「額」で考えている(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 3分59秒

目標に対して何%達成したって考えがちではありませんか?
そんな方にはぜひご一読して欲しい内容となっています。
率と額を使いこなせて始めて財務に強い経営者となります。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『数字に強い経営者は目標達成を「額」ではなく「率」で考えている』です。(編集前のメルマガは2014年12月10日(水)に配信されています)

数字の勉強

あなたが飲食店経営者だったとしましょう

目標とはつまり計画のことですが、

例えば、あなたが、2店舗の飲食店を経営する経営者だったとします。

仮にA店、B店としましょう。

A店もB店も前年の売上高が年間3000万だったとします。
(目標は売上目標以上に大切なものがありますが、今回はわかりやすくするために売上だけに焦点を当てますので、ご理解ください。)

A店の店長さんは、堅実的に来年の売上目標を4000万に設定しました。(前年比:約133%)
B店の店長さんは、挑戦的に来年の売上目標を6000万に設定しました。(前年比:約200%)
(133%が堅実的かとか、200%が挑戦的かの議論は勘弁して下さいね笑)

経営者として2店舗の店長さんどちらを評価したいか考えてみて下さい

1年が経ち結果が出ました。
A店は4,500万円の売上高を達成し、計画4,000万に対し、計画比約113%です。
一方、B店は5,000万円の売上高を達成し、計画6,000万に対し、計画比約83%です。

さて、ちょっと考えてみて下さい。
どっちのお店のほうが1年間の成果がでているでしょうか?

数字だけを見れば、B店ですよね。
でも、ここで計画に対する率でみてしまうとA店になってしまいます。
A店は計画比13%アップですが、B店は17%未達な訳ですから。

でもA店よりB店のほうが数字上では1年間の成果が出ていることへの異論はあなたももないと思います。

何を当り前のことを・・・と思われるかもしれませんが、意外と他人のことは見えても自分のことが見えないのが人間です。

ではご自身の計画とその成果はどうやって評価していますか?

あなたは計画はどうやって立てていますか?

A店とB店のように同じ条件の事業があれば、比較も出来ますが、現実はそう簡単にはありません。

あなたの事業でも計画をどう立てるかによって、計画に対して達成か未達成かも変わってきます。

経営者は数字を使いこなしましょう!

だからこそ、前回のメルマガの内容でお伝えした通り、数字は前年比と計画比の両方を率と額を使い分けて見てかなければいけないのです。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL20】最低限稼がなければいけない利益を計算してみましょう!長期事業計画の立て方:数値編-利益(メルマガ版財務講座)
【VOL45】在庫がない機会損失リスクと在庫がある資金繰りリスク
【VOL124】マーケティングより大切なビジネスモデルの作り方
【VOL17】経営者に最低限必要な財務戦略の知識(メルマガ版財務講座)
【VOL74】利益計画の作り方と稼がなければいけない利益
【VOL92】得意先別の売上構成比は◯%以下が安全です。
【VOL131】資金繰り改善の方法:テクニック編Part2〜支払順序
【VOL22】財務に弱い経営者がひっかかるよくある落とし穴(メルマガ版財務講座)
【VOL72】中小企業の金融機関からの借入限度額の考え方
【VOL77】財務指標から考える利益を出すための改善方法
【VOL30】自社ルールを作ることが、毎月の試算表を早く作るための秘訣です(メルマガ版財務講座)
【VOL31】試算表の正しい見方。試算表は比較してみましょう!(メルマガ版財務講座)
【VOL121】商品(在庫)回転率を使った適正在庫の考え方
【VOL3】金融機関との交渉を有利に運ぶちょっとした工夫(メルマガ版財務講座)
【VOL29】試算表を早く作れない理由は意外と簡単に解決できます(メルマガ版財務講座)

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP