【VOL28】試算表は経営者の成績表です。早く見て対策を練ることに価値があります(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 4分6秒

前月の試算表を翌15日以降に見ている方にぜひご覧になって頂きたい記事です。 試算表は、前月の成績表ですから、早く見れば見るほど効果があります。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「試算表は経営者の成績表です。早く見て対策を練ることに価値があります」です。(編集前のメルマガは2014年11月12日(水)に配信されています)

書類を急いで持ってくる女性

試算表を早く見るべき理由とは

数字には鮮度があると良く言われています。

これだけ時代の流れが早い時に、半年前の数字を見て経営方針を決めていたら、時代の流れに対応できません。

かと言って、数字を見ずに経営するなんて無謀以外の何物でもありません。(もちろん、数字が絶対ではないという前提の前提での話です。)

月次で試算表を出していたとしても、1ヶ月前の出来事が含まれた数字を見なくてはいけません。
週次で見なければ次の方針を判断できないという経営者もいらっしゃいました。

にも関わらず、翌々月に見ている方や、翌月末に見ている方が多いというのが事実です。

私がお勧めしているのは、翌10日までに見ることです。

遅くても15日までです。

1ヶ月の成果を早く見たいと思うのが普通

私も自分で会社を経営し始めて、数字を見るようになりましたが、試算表を作るのを作るのはとても面倒くさいですが、見るのはとても楽しみです。

自分たちが1ヶ月頑張った成果ですから、早くみたい気持ちになります。
(数字が悪い時は苦痛ですが…)

その上で当初の計画や予測との違いを検証し、気になる点に改善を入れていきます。

またそれとは別に、3ヶ月に1度くらい大きく方針変更をします。

これが翌月末に見ていたら、1ヶ月でだいぶ状況が変わるので、興味を持ってみることができません。

なぜ試算表を翌15日までに見れないのか

なぜ試算表を見るのが遅いのか、試算表ができるのが遅いからですが、

まず第一に試算表を早く見ることへの価値をしっかりと把握していないことが、1つの要因ではないかと思います。

そして2つ目は試算表を作るのが遅いことだと思います。
請求書が全部そろうのに○日まで待たなければいけない・・・とか、お給料の計算が終わるのが○日だから、それまで作れないとか…

試算表を早く作る理由について、何回か会社のブログに書いているので、ぜひご興味のある方はご覧ください。

あなたの会社の毎月の試算表を早く作るメリットはここにアリ!

予算管理を始めて1ヶ月であっという間に出た3つの成果

1年に1回は会社も健康診断をするべきです!

予算を作り始めて3ヶ月。数字は経営判断をする上で大事な判断基準の1つです。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL124】マーケティングより大切なビジネスモデルの作り方
【VOL105】将来への投資という名の浪費をしていませんか?
【VOL134】資金繰り改善:倒産防止共済の4つのメリットを徹底解説
【VOL81】戦略MQ会計の活用方法を事例で紹介
【VOL115】BSCや人事評価制度の導入前に絶対に必要な経営計画書(経営方針書)
【VOL37】数字で見る経営効率の良い経営状態とは?(メルマガ版財務講座)
【VOL97】事業用資産、1億円の土地と1億円の建物。買うのが簡単なのはどっち?
【VOL84】資金会計理論を例題で紐解く
【VOL91】金融機関(銀行)からの借入は長期でするべきか?短期でするべきか?
【VOL12】最低限必要な利益とは、黒字倒産しないための利益額のことです、一緒に計算してみましょう(メルマガ版財務講座)
【VOL66】企業の経営状態がわかる4つの見るべき財務上の数字
【VOL73】月100万円の借入金を返済するのに、いくらの利益を稼げば良いのか?
【VOL129】資金繰り改善の方法:投資の考え方=財務戦略
【VOL75】利益計画と資金計画から考える長期的な財務計画の考え方
【VOL7】どっちが儲かる?販売単価アップと販売数量アップ?(メルマガ版財務講座)

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP