【VOL29】試算表を早く作れない理由は意外と簡単に解決できます(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 5分5秒

試算表を早く作れない理由を思い浮かべてみてください。
試算表はあくまでも試算だと思うことで、きっと簡単に解決できることが多いと思います。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「試算表を早く作れない理由は意外と簡単に解決できます」です。(編集前のメルマガは2014年11月19日(水)に配信されています)

問題を解決した男性

試算表を早く作れない理由は何ですか?

試算表を早く作れない理由・・・

色々な声が聞こえてきそうですね。

・お給料の計算が、末締めの15日払いだから、翌月15日付近にならないと金額がわからない

・外注先から請求書が到着するのが翌月20日以降なので金額がわからない

・社員の経費精算が遅い

などなど、たくさんの理由があるかと思います。

でも解決策は簡単です。

試算表を早く作るコツ

大きく分けて次の2つになります。

①細かいことは気にしない

②ルールを明確に作る

です。

今回はまず①の細かいことは気にしないからお話させて頂きます。

試算表はあくまでも試算です

まず、試算表は1円単位まで正確に作らなければいけないと思ってはいませんか?

もちろん最終的には1円単位まで正確に作らなければいけませんが、経営判断をする上で1円間違ってたとしてどのくらいの影響があるでしょうか?

試算表を経営に活かすという観点で考える時に、まず考えて頂きたいのは、何円単位で経営を考えていますか?ということです。

規模によるかと思いますが、100万円単位くらいの人が多いのではないでしょうか?

金融機関から借入をする時に考える単位も、100万円単位であることが多く、510万円か530万円かという選択肢はないかと思います。

そういう意味でも中小企業の基準は一般的には100万円単位、あとは規模に応じ1,000万単位または10万円単位等、自分の基準に合わせていけば良いのではないかと思います。

概算と予測をうまく使って、まずは速報を出しましょう

そう考えた時に、

毎月のお給料の計算が終わるまで待ったところで、いくらぐらい先月と変わりますか?
ほぼ変わらないのであれば、先月と同額を概算で入れるとか、試算表の段階では支払った時の費用にするとかいった方法をとれば良いわけです。

(11月のお給料が12月10日払だった場合、厳密に言えば11月の経費になるわけですが、毎月ほとんど変動がないのであれば、10月分を11月10日に払った時に11月分の経費にし、11月分を12月10日に払った時に12月分の経費にすれば、11月分の給料計算を待たずに試算表が作れるということになります。年間で決算書を作る時は調整が必要になるので税理士と相談しながら進めることをお勧めします)

外注費に関しても、確定請求書がきていなくても、当然注文書や見積書のやり取りをし、ある程度予算がわかった上で発注しているはずですから、概算で計上すれば大きくはずれないはずです。

(仮に大きくずれたり、請求書がくるまで金額がわからなかったりするのであれば、それは試算表云々の前に、会社の仕組みに問題があります。少額は構いませんが、経営判断に影響のある金額、例えば100万円単位であれば大問題です。私が経営するBelinkでもサービスとして提供していますが、仕組みの改善が必要です。)

まず、1円単位まで正確に作る必要がなく、「速報」を15日までに作って経営者が見ると発想すると、早く作れる気がしてきませんか?

最終的に確定した時に修正は必要です

もちろん、速報は概算を入れますので、確定した段階で修正は必要となります。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL70】上場企業の財務分析:幸楽苑の業績
【VOL63】投資活動と財務活動によるキャッシュフローで損益とお金の増減は大きく変わる
【VOL85】資金会計理論で未来の事業の財務体質をシミュレーションする!
【VOL148】ポーターの競争戦略に学ぶ中小企業の差別化:ファイブフォース
【VOL97】事業用資産、1億円の土地と1億円の建物。買うのが簡単なのはどっち?
【VOL37】数字で見る経営効率の良い経営状態とは?(メルマガ版財務講座)
【VOL14】リスケジュールせずに借入金の返済を減らす方法(メルマガ版財務講座)
【VOL27】消費税等の納税額を簡単に予測する方法(メルマガ版財務講座)
【VOL32】数字に強い経営者は目標達成を「率」ではなく「額」で考えている(メルマガ版財務講座)
【VOL24】中小企業にとって損益計算書と貸借対照表とはいつ役に立つのか?(メルマガ版財務講座)
【VOL50】貸借対照表で見るべき大事な数字:自己資本比率とは?
【VOL150】経理コストを削減して、財務に強い会社を作る方法
【VOL141】経営に活かすためのコピーライティング~コピーの型の基礎~
【VOL105】将来への投資という名の浪費をしていませんか?
【VOL42】金融機関(銀行)が考える貸し出し可能運転資金の考え方

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP