起業7ステップを無料プレゼント中!

読了時間目安:約 7分41秒

2016年6月30日を持ちまして、無料プレゼントは終了しました。
パワーアップして有料販売とする予定ですので、お待ちください。
現在起業7ステップを無料プレゼント中!
ここからメルマガ登録して起業7ステップを手に入れて下さい。


起業に悩んでいる方は必見!

これからは個人の時代と言われ始めて早数年。

個人の時代かどうかはともかく、大手企業に入り、企業にぶら下がっていれば安心という時代は終わりました。

企業が倒産するリスク、企業からリストラされるリスク、減俸されるリスク、様々なリスクがあります。

このリスクを回避するために必要なのは、自分自身の価値をあげることです。

自分自身の価値が高ければ、企業にいても企業の役に立つ人材でいられますし、企業にいられなくなっても自らの力で生きていくことができます。

もう悩むのは辞めよう

偉そうなことを書きましたが、私も起業する前は本当に悩みました。

本当にやっていけるか不安だったからです。

会社を辞めるまでは自分の力で1円も稼いだことがなかったからです。

商品やサービスってどうやって作ったら良いのだろう、お客様ってどう見つけたら良いのだろう…
不安なことばかりでした…

不安で不安でなかなか起業できませんでした。

そして、いざ起業をしてみても、自分の商品サービスは何だろう?お客様はどうやったら見つかるのだろう?

毎日毎日考えました。

そして、毎晩毎晩、このままで本当に大丈夫か、不安で不安で仕方がありませんでした。

起業するリスクより起業しないリスク

あなたがまだ若いのなら特に起業するリスクより起業しないリスクのほうが大きいのは間違いありません。

起業は確かに苦労します。

私も上記に書いたように不安で不安で眠れず、一時期は不眠症、ストレスによる頭痛になった時期もありました。

でも、今だからこそ言えます。

起業して良かったと。

起業は自分の価値をあげる近道

自分自身の価値をあげることと書きましたが、起業をするということは、自ら市場を調査し、商品サービスを作り、販売する、そしてそのための事務処理をするということです。

つまり、自分でお客様の役に立つ付加価値を生み出すことです。
社会から認められることと言っても過言ではありません。

迷う時間はリスク

私が起業したのは29歳の時でしたが、もっと早く起業するべきだったと今でも思っています。

会社に勤めて40歳、50歳になって会社から放り出される姿を想像して下さい。

転職先もない、自分で商品を売ることもできない…

リスク以外のなんでもありません。

あなたがまだ30歳前後なら、今から起業し、起業が自分に合わなければ、35歳までに再就職をするという方法のほうが、ずっとリスクが少なくなります。

やらないリスクのほうが大きい時代

決してやみくもに起業を勧めているのではありません。

でもこのページにたどり着いたということは、あなたは、起業しようかしまいか悩んでいるのだと思います。

で、あれば、起業しましょう!

起業せずに「あの時挑戦しておけば良かった」という後悔より、起業して挑戦した結果の後悔のほうがずっと良いはずです。

起業7ステップとは?

私は起業した当初はものすごく大変なこともありました。

正直一時期は起業しなければ良かった…とふと思うこともありました。

でもそのほとんどがこの起業7ステップにまとめたことを、その時の自分は理解していなかったから大変なことだと思っていただけで、本当は大変なことでも何でもなかったんだと今では思っています。

なので、これから起業する人、今起業しているけど苦労している人の少しでも助けになればと思って私が悩んだことや考えたことをまとめました。

そして、出来上がったのが起業7ステップです。

ぜひ起業する前に読んでヒントにしてみて下さい。

起業7ステップ登録フォーム2


起業7ステップの構成

以下の内容を無料で手に入れることができます!

ステップ1:あなたはなぜ起業したいのですか?
ステップ2:起業のメリットとデメリット
ステップ3:事業アイディアの考え方
ステップ4:どうやって提供するか?営業・販売方法
ステップ5:絶対に避けて通れないお金のこと
ステップ6:あなたのライバルは誰ですか?競合他社を意識すること
ステップ7:起業に必要なことまとめ編


①あなたはなぜ起業したいのですか?

起業を考える人

起業の仕方はその目的によって大きく違います。
「世界を変える商品・サービスを作り出したい」などという大きな目的のことではありません。
なぜ起業しようと思ったのかを明確にすることで、考えれらる起業プランが変わってきますので、ぜひ1度考えてみて下さい。


②起業のメリットとデメリット

起業のメリット・デメリット

起業には無限の可能性が広がり、大変夢があるので、起業したいと思っている方は「起業」に憧れる気持ちがあると思います。 それ自体は否定しませんが、単なる憧れではなく、起業することによるメリットとデメリットをしっかりとここで把握して下さい。 そして一番大切なことは「決断」と「覚悟」です。


③事業アイディアの考え方

事業アイディア

ビジネスは「誰に」「何を提供するか」の組み合わせであり、難しいものではありません。
この「誰に」「何を提供できるか」を考えることが、事業の始まりです。
具体的に2つのアプローチ法を紹介しています。


④どうやって提供するか?営業・販売方法

営業・販売

起業して事業をするために大切なことは「誰に」「何を」「どうやって」提供するかです。
「誰に」「何を」を解説しましたので、今回は「どうやって」をお話させて頂ければと思います。


⑤絶対に避けて通れないお金のこと

お金について

起業するにあたって絶対に必要なお金の考え方について書きました。
苦手意識を持つ人が多い部分だからこそ、少しでも苦手意識が薄まる人が増えたらいいなと思います。


⑥あなたのライバルは誰ですか?競合他社を意識すること

調査する人

競合はライバルでもあり、商売のヒントでもあります。
競合他社の分析を通して、商品サービスの差別化をすることがビジネス発展のためには必要となります。


⑦起業に必要なことまとめ編

まとめ

今までのまとめと、6回では伝えきれなかった起業するのに必要なことが書いてあります。
この7ステップを通して1人でも多くの人が起業に成功して頂けたらと思います。


最後に

起業するかしないか悩んでいる方は、まず読んでみて下さい。
やらないで後悔するより、やって後悔しましょう。

会社を辞めずに起業する方法もあります。
まずは行動することが大切です。

最初の一歩が、メルマガに登録して起業7ステップを読んでみる!だったら、とても嬉しいです。



※注意事項
決して起業を推奨するような内容ではありません。
起業をすることを考えている方の参考にしてもらうことを目的にしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP