【VOL24】中小企業にとって損益計算書と貸借対照表とはいつ役に立つのか?(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 5分7秒

中小零細企業にとって資金繰りを重視したキャッシュフロー経営こそ、最も大切です。
しかし、2つの局面において、財務諸表(損益計算書や貸借対照表など)が重要になります。 この2つの例外をしっかりと押さえましょう。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「中小企業にとって損益計算書と貸借対照表とはいつ役に立つのか?」です。(編集前のメルマガは2014年10月15日(水)に配信されています)

見つめる女性

中小零細企業にとって一番大切なのは資金繰りです。

中小零細企業の経営にとって大事なのは、貸借対象表(B/S)や損益計算書(P/L)ではないというお話は再三再四お伝えしてきたかと思います。

中小零細企業の経営にとってもっとも大事なのは、資金繰りであり、資金繰り表さえあれば上記2つは見る必要はさほど気にしなくても良いといっても過言ではありません。

資金繰り表といってもそれほど大げさなものではなく、通帳をみて過去の出費を把握し、現在残高と未来の入金、出金の予測さえできれば良いのです。

その上で、費用の内訳や、入金ではなく、仕事をした月ベースの売上を見たければ損益計算書(P/L)を、売掛金や買掛金、借入金等の細かい残高が、あといくら残っているのか見たければ貸借対照表(B/S)を見れば良い訳です。

中小零細企業にとって損益計算書と貸借対照表が重要になる局面

しかし、例外が2つあります。

それは、

①金融機関

②税金計算

です。

もちろん、増資やM&Aなどの場合にも関係してきますが、ほとんどの中小零細企業には関係なにので割愛します。

①金融機関

①の金融機関に関しては、業績に関しては決算書で判断します。

他の部分にはいろいろな要素がありますが、話すとそれだけで、10回シリーズくらい作れてしまうので、今回は割愛します。

②税金計算

②の税金計算はもっと顕著で、

売上が1億円、経費が7千万、利益が3千万円であれば、3千万円に係る税金を納税する必要があります。

仮に法人税だとして、法人税等の税率が40%だとすると、3千万円×40%=1,200万円の税金がかかってきます。

あの有名な○○さんは、この状況で儲かった3,000万円を株に使ってしまったので、手元がお金になくなってしまい、1,200万円の税金を払えなくなってしまったということですね。
(厳密には株式の損が確定すれば経費に出来ますが、細かい説明は割愛です。)

経費にならないものにお金を使っても、お金はなくなっているのに、税金はそのお金があるものとしてかかってしまうわけですね。

だからこそ、決算が近くなってきたら税理士さんとしっかり相談して下さい。

何が経費になるお金なのか、何が経費にならないお金なのか。

一般的な中小零細法人は、決算月の2ヶ月後が申告&納税の時期になりますが、そのころになって税金の支払いがこのくらいになりますといってくる税理士さんとつきあってはいけませんよ!

決算月の2ヶ月前くらいから、予測を一緒に立ててくれて、対策を考えてくれる税理士さんと付き合いましょう。

頭ではわかっても、なかなか経営には活かせない、損益と資金の違い

資金が大事なのは、実感としてもわかると思います。
また損益が大事なのも、経営者であれば当り前の感覚としてわかっていると思います。

しかし、資金と損益がイコールにならないというのは、頭ではわかっていると思いますが、実際にそれで資金がショートして大変な目にあっている会社がたくさんあります。

そんな現状を踏まえて、資金と損益がイコールにならない例として、次の宿題を出させて頂きます。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL103】借入金の返済が経費にならない理由
【VOL118】会計で考える「値引き」と「おまけ」
【VOL113】中小企業の人材教育に人事評価制度が必要な理由
【VOL78】事業の明るい未来を作るための財務数値の5つを使った経営改善方法
【VOL32】数字に強い経営者は目標達成を「率」ではなく「額」で考えている(メルマガ版財務講座)
【VOL115】BSCや人事評価制度の導入前に絶対に必要な経営計画書(経営方針書)
【VOL136】マーケティングに役立つ心理効果〜特別感4選〜
【VOL124】マーケティングより大切なビジネスモデルの作り方
【VOL130】資金繰り改善の方法:テクニック編Part1〜科目別
【VOL19】長期事業計画を立てる時に重要である利益の考え方(メルマガ版財務講座)
【VOL90】社員・スタッフ1人あたりいくら稼いだら良いのか?
【VOL27】消費税等の納税額を簡単に予測する方法(メルマガ版財務講座)
【VOL28】試算表は経営者の成績表です。早く見て対策を練ることに価値があります(メルマガ版財務講座)
【VOL121】商品(在庫)回転率を使った適正在庫の考え方
【VOL14】リスケジュールせずに借入金の返済を減らす方法(メルマガ版財務講座)

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP