【VOL61】お金に色をつけるのがキャッシュフロー計算書の役割?!

読了時間目安:約 6分29秒

お金がなぜ増えたのか、減ったのか、理由ごとに色がついていればわかりやすいのですが、実際には色がついていません。

そんなお金の増減に、営業・投資・財務の3色をつけてわかりやすくしてくれるのがキャッシュフロー計算書です。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『お金に色をつけるのがキャッシュフロー計算書の役割?!』です。(編集前のメルマガは2015年7月1日(水)に配信されています)

お金に色をつける

フリーキャッシュフローとは

キャッシュフロー計算書は、損益と実際のお金の増減の違いの原因を、「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」の3つにわけて分析する表のことを言います。

その中でフリーキャッシュフローとは、損益に「営業活動によるキャッシュフロー」と「投資活動によるキャッシュフロー」の増減を加味した金額のことをいいます。

つまり、お金の増減から、借りてきたお金のよる増加や、お金を返したことによる減少、お金を貸したことによる減少、貸したお金が返ってきたことによるお金の増加など、いわゆるお金の貸し借り(ローンや分割を含む)によるお金の増減を除いた金額のこととなります。

お金には色がついていない。その色を明確にするのがキャッシュフロー計算書

1,000万円のお金が増えたとして、その増えたお金のうち利益で稼いできたお金500万円が青色、仕入先に待ってもらっているから増えたお金300万円が黄色、金融機関から借りてきたお金200万円が赤色、などと色がついていればわかりやすいのですが、実際のお金には色がついておりません。

なぜ手元にお金が増えているのか、損益なのか、営業活動なのか、投資活動なのか、それとも財務活動なのかを表すのがキャッシュフロー計算書です。

営業活動、投資活動、財務活動によるキャッシュフローとは

それぞれの違いについて解説します。

営業活動によるキャッシュフロー

簡単に言うと、営業活動とは、売掛金や買掛金、在庫の増加や減少による事業を行う上で必ず発生する活動にともなう、損益と実際の現金預金のズレを表します。

今年売った100万円が来年入金するとしたら、今年は売上100万円ですので、利益は+100万円になりますが、入金はされないので現金預金はプラスマイナスゼロ円ということになります。

結果、損益+100万円、売掛金の増加によるキャッシュの増減▲100万円、現金預金の増減0円とキャッシュフロー計算書に表示されます。

逆に翌年は売上がないのに、100万円入金しますので、損益ゼロですが、入金は100万円されますので、現金預金は+100万円となります。

結果、損益0、売掛金の減少によるキャッシュの増減+100万円、現金預金の増減+100万円と表示されます。

これで、何が原因でお金が増えてたり、減ったりしているのかがわかるかと思います。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動は、資産を買った又は売ったことによる、現金預金のズレで、1年前に500万円で土地を買った場合損益はゼロですが、キャッシュは▲500万円、それを今年1000万円で売ったとすれば、損益は+500万円ですが、実際の現金預金の増減は+1,000万円となります。

結果、キャッシュフロー計算書は、

1年前が、損益0、土地の購入によるキャッシュフロー▲500万円、現金預金の増減▲500万円となり、
今年が、損益+500万円、土地の売却によるキャッシュフロー+500万円、現金預金の増減+1,000万円となります。

財務活動によるキャッシュフロー

お金の貸し借りや、ローン、分割払いなどによる現金預金の増減を表します。

1年目にお金を1000万円貸し、2年目にお金を500万円返してもらったとすると、キャッシュフロー計算書は

1年目、損益0、貸付金の増加によるキャッシュフロー▲1,000万円、現金預金の増減▲1,000万円となり、

2年目、損益0、貸付金の減少によるキャッシュフロー+500万円、現金預金の増減+500万円となります。

大切なのはフリーキャッシュフロー

まず一番最初に見て頂きたいのはフリーキャッシュフローです。

フリーキャッシュフローはキャッシュフロー計算書上の損益と言われるくらい大切な指標です。

1年間でここがマイナスということは本業ではお金がマイナスということになります。

ここをどうしたらプラスにできるかを考えることがまず最初のキャッシュフロー計算書の活用法と言えるでしょう。

次回はキャッシュフロー計算書の各項目を見ていきます。


最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

※免責事項

◯わかりやすくするために厳密な法律用語とは若干違うところがあります。

◯内容に関しては万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねますので、自己責任での運用をお願い致します。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL78】事業の明るい未来を作るための財務数値の5つを使った経営改善方法
【VOL133】資金繰り改善の方法:テクニック編Part4〜リースバック
【VOL125】貸借対照表のどこを見たら良いのか?経営に役立つ5つのポイント
【VOL92】得意先別の売上構成比は◯%以下が安全です。
【VOL22】財務に弱い経営者がひっかかるよくある落とし穴(メルマガ版財務講座)
【VOL132】資金繰り改善の方法:テクニック編Part3〜ファクタリング
【VOL120】経営上の在庫リスクと在庫のメリット・デメリット
【VOL66】企業の経営状態がわかる4つの見るべき財務上の数字
【VOL127】資金繰り表の基礎と3つの収支を抑えた作り方
【VOL139】マーケティングに役立つ心理効果〜意思決定編4選〜
【VOL4】財務に強い経営者の習慣の1つである費用の色分けの仕方(メルマガ版財務講座)
【VOL56】企業で重要な3つの財務の数字
【VOL144】起業をするときに知っておきたい会社の種類と特徴
【VOL44】在庫は危険?在庫が資金繰りに与える影響をわかっていますか?
【VOL57】キャッシュフロー計算書って本当に経営に必要??

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP