【VOL3】金融機関との交渉を有利に運ぶちょっとした工夫(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 4分22秒

数字に強い経営者だと思われるだけで、金融機関の担当者は経営者に一目置きます。

今回は何がわかっていると、この経営者数字に強いなと思われるかについて事例を書きました。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「金融機関との交渉を有利に運ぶちょっとした工夫」です。(編集前のメルマガは2014年05月21日(水)に配信されています)

銀行のATM

これがわかれば、数字がわかる経営者だと金融機関の人に思ってもらえます

さて、まずは問題です。

①減価償却費以外にその年にお金が出て行かないのに経費になるものはどんなものがあるでしょうか?
②逆に車の購入みたいにお金は出ていくのに経費にならないものは何があるでしょうか?

・・・
・・・
・・・

考えてみて下さいね♫

・・・
・・・
・・・

さあ、そろそろ答えにいきますよ??

・・・
・・・
・・・

お金の入出金と会計の損益は違うことがあるということを理解しましょう

では、答えです。

①の答えは、例えば土地の売却損です。
10年前に土地を1億で買いました。今年2,000万で売りました。
損益計算書には土地売却損8,000万とでますが、実際にはお金が2,000万入ってきます。

はい、勘の良い人はわかりましたね。
②の答えは、土地の購入です。
土地を買った時は1円も費用になりません。なぜなら売れるからです。でも売ってみるまでいくらかわからないので、費用にも利益にもしません。
でもお金は1億出ていきます。
で、売った年に2000万で売れれば売却損8,000万、2億で売れれば売却益1億ってなります。

他にも、①だと貸倒損失、為替差損失、有価証券評価損などなどがあります。

例えばあなたがこんな会社の経営者だったとします。

売上5,000万、仕入1000万、その他経費3,000万、土地売却損3,000万、最終赤字2,000万。

こんな時に勉強不足の金融機関の担当者は赤字ですか・・・貸せませんって言うかもしれませんね。

ここからが金融機関の担当者にぜひ言って頂きたい一言です!

でも土地売却損はお金が出ていっていません。赤字2,000万でも3,000万の売却損分はお金が出ていってないので実質お金ベースでは1,000万のプラスです。年間1,000万までなら返せるということになると思いますので、検討して頂けませんか?と言ったらどうでしょうか?

おっ!と思いますよね。実際には今いくら借りているかや、利益には税金がかかるなどの問題もあるので、言ったから絶対借りれるわけではありませんが、少なくともこの経営者は数字がわかっているという印象は金融機関に与えられます。

数字に詳しくなるということは、金融機関と対等に渡り合えるということです。
金融機関と対等に渡り合えるということは経営を有利に進められるということですから、財務に強い経営者にぜひなって頂きたいと思います。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida
経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。 また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。 なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。 詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL117】中小企業の経営に必要な4つの役割を徹底解剖
【VOL89】3種類の販売計画を使って事業を成長させましょう!
【VOL18】長期事業計画でビジョンとミッションを示す(メルマガ版財務講座)
【VOL128】資金繰り改善の方法:王道編
【VOL24】中小企業にとって損益計算書と貸借対照表とはいつ役に立つのか?(メルマガ版財務講座)
【VOL106】社員に数字に強くなって欲しい時にお勧めの本を目的別に5冊選びました!
【VOL115】BSCや人事評価制度の導入前に絶対に必要な経営計画書(経営方針書)
【VOL74】利益計画の作り方と稼がなければいけない利益
【VOL132】資金繰り改善の方法:テクニック編Part3〜ファクタリング
【VOL80】戦略MQ会計で儲かる経営の地図を手に入れよう!
【VOL26】消費税の納税額を簡単に知る方法(メルマガ版財務講座)
【VOL15】利率だけを比べて借入をしている方は借入の本質を見誤っています。借入の方法(メルマガ版財務講座)
【VOL34】数字に強い経営者は「率で見る数字」と「額で見る数字」を理解しています。(メルマガ版財務講座)
【VOL96】売上総利益(粗利益)と限界利益の違いと経営への活かし方!
【VOL88】事業計画は行動計画まで立てるべき3つの理由

コメントを残す






スポンサードリンク

Menu

HOME

 TOP