【VOL37】数字で見る経営効率の良い経営状態とは?(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 4分34秒

前回までお伝えしてきた数字での経営効率の味方を不動産事業を例に数字を使いながら確認していきます。
何パターンか例題がでますので、ご自身で計算しながらご確認頂けたらと思います。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は『数字で見る経営効率の良い経営状態とは?』です。(編集前のメルマガは2015年1月14日(水)に配信されています)

数字に強い経営者

まずは例題で確認してみましょう。

<例>あなたが、不動産オーナーになるとして、購入費用3,000万円で年間300万円の利益が出る不動産と、購入費用2,000万円で年間200万円の利益が出る不動産どちらを買いますか?

もちろん経営効率という観点で考えて下さいね。

中小企業の経営効率の考え方

経営効率を見る指標は中小企業の場合には、ROAを確認することだとお伝えさせて頂きました。
忘れてしまった方は前回の内容をご確認ください。
【VOL36】経営効率は財務諸表でわかります。見るべき数字とは?(メルマガ版財務講座)

ROAとはReturn On Assetの略で、当期純利益÷総資産で計算できます。

簡単に言うと、総資産、つまり借りてきたり、自分で貯めたりしたお金をどれだけ使って、どれだけの利益を出せたかという指標です。

つまり、3,000万円の投資で200万の利益が出る不動産より、3,000万の投資で300万利益が出る不動産のほうが効率が良いということになります。

実際にROAを計算してみましょう

ROAを計算すると

200万÷3,000万=約6.7%

300万÷3,000万=約10.0%

ということです。

もう一回違う事例でROAを計算してみましょう。

では、3,000万で300万の利益が出る不動産と、6,000万で300万円の利益が出る不動産だったらどうでしょうか?

300万÷3,000万=10.0%

300万÷6,000万=5.0%

となり、前者のほうが経営効率が良いということになります。

つまり、6,000万のお金を持っているのであれば、300万の利益がでる3,000万の不動産を2つ買ったほうが良いということになるということになります。

ということはどっちの不動産が良いのでしょうか?

さて、例題の答えはというと、どちらもROAは10%になります。
つまり、経営効率はどちらも同じだということになります。

経営効率は同じですが、どちらが経営として良いかというと、以前お伝えした、「率より額」というお話を思い出して頂きたいのですが、300万稼ぐ前者のほうが良いという結論になります。

忘れてしまった方はこちら。
【VOL32】数字に強い経営者は目標達成を「率」ではなく「額」で考えている(メルマガ版財務講座)

質問がどちらを買いますかということなので、お金さえあれば前者を買うというのが正しい答えとなります。

中小企業が目指す経営効率は総資本経常利益率10%です

不動産などの利回りの目安は10%と言われているように、中小企業が目指すべき総資本経常利益率も10%と言われていますので、目安にして頂ければと思います。


最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida

経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。
また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。
なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。
詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL116】BSCを参考にしたKPI設置による経営改善の事例
【VOL60】損益は解釈、キャッシュこそ企業の真の力を表す、その理由は?
【VOL113】中小企業の人材教育に人事評価制度が必要な理由
【VOL73】月100万円の借入金を返済するのに、いくらの利益を稼げば良いのか?
【VOL23】簡単だけど役に立つ、資金シミュレーション簡易版(メルマガ版財務講座)
【VOL29】試算表を早く作れない理由は意外と簡単に解決できます(メルマガ版財務講座)
【VOL45】在庫がない機会損失リスクと在庫がある資金繰りリスク
【VOL133】資金繰り改善の方法:テクニック編Part4〜リースバック
【VOL102】パレートの法則とABC分析による売上の細分化
【VOL12】最低限必要な利益とは、黒字倒産しないための利益額のことです、一緒に計算してみましょう(メルマガ版財務講座)
【VOL134】資金繰り改善:倒産防止共済の4つのメリットを徹底解説
【VOL151】中小企業経営者の退職金制度!小規模企業共済のメリットとは?
【VOL123】マーケティングを最大限に活かすための消費者心理の基礎と代表例5つ
【VOL56】企業で重要な3つの財務の数字
【VOL38】あなたが3,000万円持っていたとしたら??(メルマガ版財務講座)

コメントを残す






スポンサードリンク