【VOL7】どっちが儲かる?販売単価アップと販売数量アップ?(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 3分45秒

商品やサービスを多く売るのと、高く売るのではどちらが儲かるでしょうか?

これを知っておくと値下げをするのとおまけをつけるのとどっちが得なのかが自分で計算できるようになると思います。

営業や販売にも応用できる、財務に強い経営者への第1歩です。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「どっちが儲かる?販売単価アップと販売数量アップ?」です。(編集前のメルマガは2014年06月18日(水)に配信されています)

果物の販売

まずは例題で考えてみましょう

今回は販売価格を10%アップさせるのと、販売数量を10%アップさせるのでは、どちらが儲かるかというお話です。

シミュレーションしてみると簡単なお話ですが、例題で見ていきましょう。

例題です。

仕入価格 @20円
売上価格 @100円
販売数量 10,000個
固定費  80万円/月

の会社があるとします。

現状では、

売上高 @100円×10,000個=100万円
仕入高  @20円×10,000個= 20万円

差し引きで粗利益額は80万円ですね。

そして、固定費が80万円ですから、1ヶ月の利益はゼロということになります。

販売単価アップの場合

では、販売単価を10%アップさせたらどうなるか?

販売単価が@100円から@110円になるということです。

売上高 @110円×10,000個=110万円
仕入高 @ 20円×10,000個= 20万円

差し引き粗利益額は90万円です。

固定費は変わらず80万円ですから、1ヶ月の利益は10万円となります。

販売数量をアップした場合

では、販売数量を10%アップさせたらどうなるか?

販売数量が10,000個から11,000個になるということです。

売上高 @100円×11,000個=110万円
仕入高 @ 20園×11,000個= 22万円

差し引き粗利益額は88万円です。

固定費は変わらず80万円ですから、1ヶ月の利益は8万円となります。

つまりどっちが儲かりますか?

販売単価を10%アップした時は10万円の利益、販売数量を10%アップした時は8万円の利益です。

販売単価を10%アップした時のほうが、儲かりましたね。

何故でしょうか?

長くなってきてしまったので、続きは次回とさせて頂きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida

経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。
また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。
なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。
詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL128】資金繰り改善の方法:王道編
【VOL150】経理コストを削減して、財務に強い会社を作る方法
【VOL117】中小企業の経営に必要な4つの役割を徹底解剖
【VOL85】資金会計理論で未来の事業の財務体質をシミュレーションする!
【VOL58】キャッシュフロー計算書でわかる、絶対に知っておきたい儲かっているのに資金がなくなる3つの理由!
【VOL144】起業をするときに知っておきたい会社の種類と特徴
【VOL44】在庫は危険?在庫が資金繰りに与える影響をわかっていますか?
【VOL82】戦略MQ会計を応用して未来の利益計画を作ろう
【VOL100】労働生産性と労働分配率、その考え方の違いと経営への活かし方
【VOL16】キャッシュフロー経営とは資金繰り中心の経営です。過剰な節税は危険です。(メルマガ版財務講座)
【VOL96】売上総利益(粗利益)と限界利益の違いと経営への活かし方!
【VOL30】自社ルールを作ることが、毎月の試算表を早く作るための秘訣です(メルマガ版財務講座)
【VOL33】事業における数字目標とは経営者の市場予測です。(メルマガ版財務講座)
【VOL59】簡単5分でわかるキャッシュフロー計算書の基礎
【VOL25】せっかく作った会計書類を経営に活かすためには?(メルマガ版財務講座)

コメントを残す






スポンサードリンク