【VOL4】財務に強い経営者の習慣の1つである費用の色分けの仕方(メルマガ版財務講座)

読了時間目安:約 3分13秒

この費用の色分けの仕方がわかると、事業計画などを作る際にもシミュレーションを簡単にできるようになります。

財務に強くなりたい方は、ぜひとも覚えて頂きたい考え方の1つです。



今回の内容は、メルマガ版財務講座「実践型!経営者向け財務講座 ~財務に強い経営者が見ている数字のポイント~」で過去に配信した内容を再編集して掲載しています。

メルマガの登録はこちらからお願いします。→http://mail.os7.biz/m/KhOi

このメルマガはシリーズものになっていますので、

【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字

からお読み頂くことをお勧めします。

今回は「財務に強い経営者の習慣の1つである費用の色分けの仕方」です。(編集前のメルマガは2014年05月28日(水)に配信されています)

チェックリスト

費用の色分けの仕方

収入(売上)から費用(経費)を引いた結果が利益になるというのは、説明不要なことだと思います。

ただ、ここからが財務が強い人とそうでない人の差が表れるところになります。

費用(経費)が収入(売上)に連動して変動する変動費と、収入(売上)が多くても少なくても変わらない固定費に分類しているかしていないかです。

変動費とは?

変動費は別の呼び方では売上原価などとも呼ばれます。

変動費の代表的な例は、仕入や外注費ですね。

50個の品物を売るためには、50個の品物を仕入れなければいけません。

でも、100個売るためには100個の品物を仕入れる必要がありますし、20個売るためなら20個の仕入で十分です。(注:在庫の概念や、販売機会の損失等は、変動費の解説なので今回は割愛します)

固定費とは?

固定費の代表例は、地代家賃です。

今月は100個売れたから、100万円の家賃、先月は50個しか売れなかったから、50万円の家賃とはなりませんね。

売上に連動するわけではないので、固定費です。

この分類ができるようになると、自分の会社や事業に必要な売上高のシミュレーションがいつでもできるようになります。

この最低必要な売上高を損益分岐点売上高と言います。

また、関連する指標で損益分岐点比率というものもあります。

次回は「損益分岐点売上高」と「損益分岐点比率」の解説をしていきます。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
もし気に入って頂けましたらメルマガ登録して頂けると嬉しいです。
http://mail.os7.biz/m/KhOi

「メルマガ版財務講」に関する記事一覧はこちら→http://kigyo-jyuku.asia/category/merumaga-zaimu/

このメルマガはシリーズものになっていますので、最初から読みたい方はこちらから。
【VOL1】起業したら真っ先に見るべき会計の3つの数字
最初からお読み頂くことをお勧めしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するお勧めの書籍

   お勧めの書籍はありません。

この記事を書いた人

吉田 和矢 Kazuya Yoshida

経営ナビの運営者であり、合同会社Belinkの代表社員。
また、株式会社VARIEの取締役&CFOとYOGAsalonひよこの共同経営者を兼任。
なんだかんだで前職時代を含めると、財務を中心に中小企業のコンサルを丸9年行っており、今年が10年目です。
詳しいプロフィールはこちら→経営ナビの運営者

関連記事

【VOL116】BSCを参考にしたKPI設置による経営改善の事例
【VOL13】最低限の利益を稼げなければ金融機関と交渉しよう!金融機関に良いように利用されてはいませんか?(メルマガ版財務講座)
【VOL89】3種類の販売計画を使って事業を成長させましょう!
【VOL137】マーケティングに役立つ心理効果〜表現方法5選〜
【VOL2】減価償却費に代表される会計の罠にひっかからないように気をつけましょう!(メルマガ版財務講座)
【VOL62】経営者ならこれだけは知っておきたい!営業活動によるキャッシュフローの基礎
【VOL129】資金繰り改善の方法:投資の考え方=財務戦略
【VOL55】企業の評価に使われる財務上の数字とは?
【VOL21】最低必要手元資金とは?長期事業計画の立て方:数値編-資金(メルマガ版財務講座)
【VOL123】マーケティングを最大限に活かすための消費者心理の基礎と代表例5つ
【VOL40】入金支払サイトから考える資金繰りとは?
【VOL8】値決めは経営なり(メルマガ版財務講座)
【VOL7】どっちが儲かる?販売単価アップと販売数量アップ?(メルマガ版財務講座)
【VOL26】消費税の納税額を簡単に知る方法(メルマガ版財務講座)
【VOL109】中小企業が金融機関と上手に付き合う為にお勧めの書籍5選

コメントを残す






スポンサードリンク